前へ
次へ

鍼灸治療の効能と健康保険の適用

鍼灸と呼ばれる医療が存在していますが、これは針またはもぐさを使って治療するという医療です。針を使う方法においては、体にあるツボというところにそれを刺入する方法だとされています。もぐさを使用する方法ではどうするのかについてですが、それを燃やしてツボを刺激させます。どのような病気などに対して効くのかというと、リウマチや気管支炎、扁桃炎などが挙げられています。また脳卒中における後遺症や前立腺が肥大するという疾患にも効くと言われています。様々な病気などに対して効き目があることから、侮ることができない治療方法だと思われます。リウマチや五十肩などについては、鍼灸治療において健康保険が適用されることを認めています。これらに該当しているのであれば、健康保険を利用して鍼灸治療を受けるのが賢明だと考えられます。ただ、手続きなどが存在していることから、あらかじめ理解しておいた方が得策なのではないかと思われます。

Page Top