前へ
次へ

肘の不調に鍼灸治療がぴったり

腕を怪我してから肘の違和感が気になっており、このままではスポーツの練習を続けるのも大変そうだと感じて、腕の状態を確かめるために鍼灸治療を利用しました。神経がダメージを受けているわけではなく、筋肉の変化が原因で腕に違和感を覚えていると分かり、先生からおすすめされたのが肘と腕に対する鍼灸治療です。肘だけでなく周辺にある筋肉もケアしなければ、上腕を上手く支える事ができないと教えられたので、温熱療法なども含めて活用しています。お灸を使って筋肉をケアしていると、昼寝をしたくなるぐらい心地良さを感じる事ができて、ストレス発散にも最適な施術だと思えました。違和感が少しずつ改善されるだけでなく、肘と肩の動きが両方とも良くなっている事がよく分かります。おかげさまでスポーツの練習も効率が良くなっており、痺れを感じなくなったのも良かった点です。関節の近くに鍼を刺すのは不安がありましたが、神経がダメージを受けるような事もなく、痛みに悩まされる事もありません。

Page Top